株式会社ワッセイソフトウェアテクノロジ
文字サイズ:
ネットワーク方式シンクライアントシステム Phantosys10 シンクライアントの常識を変えた「Phantosys」が、更なる進化を遂げて新登場!

特長Phantosys 10

`

ハイブリッドシンクライアント

イメージの定期的なメンテナンスは、セキュリティを維持する上でも重要ですが、PCの台数が多いと簡単ではありません。
シンクライアントであれば、1台の更新作業で簡単に全台に適用できます。
Phantosysは、クライアントのハードウェアを使った高速起動と高いアプリの互換性を維持しつつ、デスクトップPCはネットワークブート、
ノートPCはローカルブートと用途に合わせた起動方式が選べます。
ネットワークブートならではの運用性とローカルブートによる利便性をシームレスに提供します。

イメージ管理

差分管理

イメージは差分管理されています。複数のイメージもイメージ分岐で効率よく作成できます。以前のイメージは自動的に保持されるため、やり直しも簡単です。イメージに問題があってもすぐに以前の正常なイメージから起動できます。

簡単更新

使いやすいGUIでイメージの更新も簡単です。イメージの適用も短時間で行え、運用中の更新作業も可能です。常に最新のセキュアな環境を維持できます。

複数OS対応

最新のWindowsのほか、アプリケーションや授業環境に応じて旧Windowsや複数のLinux OSも利用できます。

管理機能

  • クライアント接続状況や起動時間、システムのパフォーマンス表示
  • ホスト管理
  • 個別情報(PC名・IPアドレスなど)の管理
  • 起動方法(起動メニュー/ローカルブートなど)の設定
  • クライアントの電源コントロール
  • DHCP サーバー機能

フォルダリダイレクト機能

特定のフォルダやファイルを復元対象から除外することができます。しかも、ローカルに専用パーティションを作成する必要がありません。


管理画面

起動モード

復元モード

再起動すると復元する「毎回復元モード」、さらに再起動後も前回の状態を継続できる「手動復元モード」をイメージごと、クライアントごとに選択できます。再起動後に継続起動を要求されるMOS試験※1、さらには、フルキャッシュを利用し幹線ネットワーク切断を要求される医系CBTコンピュータテストやフルキャッシュを併用してネットワークを切断したCBT※2にも対応できます。

  • ※1 Microsoft Office Specialist
  • ※2 Computer Based Testing

GUI起動メニュー

日本語表示のメニューからイメージを選択して起動できます。指定時間後に自動的に規定のイメージを起動させることもできます。もちろん、指定したイメージで通常のPCのように起動することもできます。テキスト表示に対応した編集ツールを使って、デザインを自由に変更できます。


起動メニューカスタマイズ例

ローカルキャッシュ

クライアントのディスクの一部をキャッシュとして利用できます。ネットワークとサーバーの負荷を軽減し安定した起動を実現します。キャッシュ内も差分管理されているので、少ない容量のディスクで複数イメージを起動させることができます。イメージ更新後も過去のキャッシュを利用しますので、更新直後の起動も高速です。Linux OSも同様にキャッシュが利用出来ます。

フルキャッシュ機能

あらかじめ起動するイメージを全てキャッシュさせることができます。起動中にネットワークが切れてもそのまま使用できます。

  • キャッシュへのコピーはスケジュールで自動化できます。
  • マルチキャスト対応、さらにユニキャストではクライアント間のコピーに対応、多台数のキャッシュの更新が短時間に行えます。

ローカルブートマネージャー

キャッシュされたイメージを使ってクライアントをローカルブートさせることができます。貸し出しPCやタブレットPCの運用が可能です。起動メニューにも対応し、Linuxを含め複数のイメージを切り替えて使うことができます。コンタクターのキャッシュ管理オプションと組み合わせることで、無線環境LAN環境でもイメージ更新を自動化できます。ローカルブートとネットワークブートは同じキャッシュデータを使用するため、モード切り替えが不要で、イメージ更新後に一旦旧イメージで起動して更新する必要はなく、すぐに新しいイメージで起動することも可能です。

クライアントキャッシュメモリ

クライアントのメモリをキャッシュとして使用することで、OSやアプリの起動を高速化します。キャッシュプリロード機能により、起動をさらに高速化します。

冗長化とロードバランス

複数のサーバーで負荷を分散するとともに、サーバー障害時には他のサーバーが代行するため、システムを停止させません。

フェイルオーバー機能

クライアントが起動中に、サーバーに障害があっても、自動的に他のサーバーへ切り替わり、運用を停止させません。

差分同期

イメージの同期は差分で行われ同期時間を短縮します。クライアントが起動中でも同期を行うことができ、メンテナンス時間を短縮します。

複数拠点対応

複数のPhantosysシステム間で、イメージを共通化できます。複数キャンパスでのイメージの管理を集中して行うことができ、運用コストを低減します。

セキュリティ機能

イメージの起動をパスワードでロックすることがクライアント/イメージ単位で行えます。USBデバイス※1やCDドライブなどのデバイスヘのアクセスを禁止し、情報の持ち出しを制限できます。

  • ※1 Atumは接続許可USBメモリを登録できます。
  • ※独自のキャッシュ管理により、暗号化なしでもキャッシュデータの読み出しは 困難、さらに暗号化にも対応しています。

統合管理ツール Phantosysコンダクター10オプション

Phantosysコンダクター10は、複数のPhantosysサーバーの統合管理ツールです。

  • 複数のサーバー群や拠点を一元管理:
    クライアントをグループ単位で管理。
  • イメージの作成や削除、割り当て、同期などが一括して行えます。:
  • スケジュール:
    電源のオンオフ、イメージの切り替え、復元、メッセージの表示などの運用タスクやウィルスパターン更新、Windows Updateなどの日常の運用を自動化することができます。 またタスクのグループ化で多様な運用を自動化できます。
  • クライアント管理:
    電源管理、リモートログオン、メッセージ、コマンド送信、起動制限、節電機能、音声警告付きメディア忘れ防止機能、クライアント画面のモニタリングとリモートコントロール機能など豊富な運用管理機能を搭載しています。
  • ライセンス管理(オプション):
    Windowsアプリケーションのライセンス管理ができます。許可されたライセンス数を超えるアプリケーションの起動を禁止します。スケジュール機能で授業用にライセンスの確保が可能です。コンプライアンス対応とともに、イメージ管理の手間を削減します。※1
    • ※1 アプリケーションの認証方式によって、対応できない場合があります。
  • キャッシュ管理(オプション):
    ローカルブートマネージャー運用時のイメージ更新※2を、利用中にバックグラウンドで行うことができます。帯域制限やスケジュール化で無線LAN※3を使ったイメージ更新において運用への影響を最小限にすることができます。
    • ※2 Linuxのイメージ更新はWindowsの更新と同時に行われます。
    • ※3 無線LANでは、環境の影響を受けます、運用方法などご相談ください。
    • ※一部のクライアント管理、キャッシュ管理、ライセンス管理、一部のスケジュール機能はWindowsOSのみ対応。

サーバー管理画面

クライアントログ管理ツール Log Village Lite

クライアントの各種情報を収集し表示できます。

  • 起動イメージ履歴:
    起動イメージ名、キャッシュ残量、起動時間にかかった時間を収集し確認できます。また、起動時間やキャッシュ残量がしきい値を超えた場合に警告メールを送信することができます。
  • Webアクセス履歴:
    ブラウザの閲覧履歴を収集し、誰が、何時、どのWebサイトを閲覧したかを確認できます。
  • ログオン履歴:
    ログオン履歴を収集できます。ユーザー別のPC利用履歴の管理も可能です。
  • 印刷履歴:
    印刷履歴を収集できます。誰が、何時、どんな印刷を行ったか確認できます。
  • イベントログ収集:
    各クライアントで発生するエラーや警告のイベントを収集できます。
  • アラート機能:
    ブラックキーワードを登録することで、そのサイトヘのアクセスを検知すると、クライアントに警告ダイアログ表示することができます。また、設定したイベントを検出すると、管理者ヘメール通知ができます。
  • ブラウザ管理:
    管理はWEBブラウザから行え、離れた場所からも管理が行えます。
  • ※Phantosysサーバーとポーリングサーバー/マネージャーは共存可能です。 ただし、クライアント数やオプション機能により、別途専用サーバーを設ける 必要があります。

ログ管理画面

オプション 管理オプション

オプション機能を追加することで、様々なログの収集と管理が行えます。さらにライセンスの追加で、シンクライアント以外のPCの 管理もまとめて行うことができます。

  • ※管理オプションごとに、ご購入いただく必要があります。

■セキュリティ管理オプション

  • メモリメディア接続履歴
  • ファイル情報管理
  • セキュリティ対策(Windows Update、ウィルス定義)管理
  • アプリケーションインストール履歴

■稼働管理オプション

  • アプリケーションの利用率管理
  • PCリソース管理

■資産管理オプション

  • PC資産管理台帳(ハードウェア、ソフトウェア)
     

教室状況表示オプションオプション

     

教室の利用状況がスマホやPCで確認できます。時間割も表示できますので、利用者の利便性が向上します。
教室の利用状況はレイアウトで表示できます。サイネージにも対応、大型画面に現在の利用状況や時間割を表示できます。