株式会社ワッセイソフトウェアテクノロジ
文字サイズ:

機器貸出業務の課題をMylenderが解決します

問題点

MyLenderなら

貸出が集中すると行列ができる

入力作業がないので、短時間で貸出でき、待ち行列を解消できます。

アルバイトに業務を任せたい
リーダQRコードにかざすだけの簡単操作。複数管理者対応メッセージボードによる情報共有、専属職員不要で、学生アルバイトでも業務が行えます。
自動貸出ロッカーは便利だが高価、また多様な聞きに対応しづらい

大きな設備は不要です。QRコードを使うので多様な機器に対応します。

一括貸出や定期貸出は業務が大変

機器が複数あっても、予約された機器を画面にしたがって選ぶだけです。定期貸出は、各曜日に自動的に予約されるので、機器不足の心配がありません。

状況をリアルタイムに把握したい
窓口が複数あるとさらに管理が難しい

管理者はリアルタイムに状況が把握できます。複数の窓口に対応していますので、キャンパス全体の貸出管理も一元的に行えます。

延滞の管理はチェックが大変

貸出前と返却前および返却遅延時に、メール連絡するので利用者の忘れを最小にします。

機器を最適化したい

予約や貸出履歴を使って利用状況を確認できます。

特徴

貸出窓口の業務を迅速かつ省力化します。
PCだけでなくプロジェクタなどの多様な機器の貸出の業務を、簡素化し迅速な貸出と返却を可能します。


    IC学生証と機器のQRコードで管理、入力作業から解放します。

    QRコードを使用するので、PC以外の機器なども管理できます。

    窓口での入力操作がないので、アルバイトでも窓口業務が行えます

    利用者はスマホから簡単に予約できます。

    借受は学生証をタッチして、機器を受け取るだけです。

    返却は機器のQRコードをスキャンするだけです。

    緊急貸出や一括貸出、定期予約など学校運用に適した機能を搭載しています。

IC学生証と機器のQRコードで管理、入力作業から解放します。

概要図

機能

窓口業務の省力化

  1. 複数の窓口に対応、キャンパス全体の貸出が一元管理できます。
  2. 複数の貸出者に対応し、貸出者は窓口に紐付いているので、ログオンするだけで、担当窓口の業務が始められます。
  3. 貸出者間で情報を共有できる、メッセージボードを搭載しています。引き継ぎがスムーズに行えます。
  4. 業務は学生証やQRコードのスキャンで行えますので、不慣れな学生アルバイトなどでも窓口業務が行えます。

利用者の管理

  1. 利用者や貸出者はActive Directoryにより認証します。
  2. 個人の認証が行セキュリティを確保するとともに、個人名などは、ActiveDirectoryから取得することで、個人情報の保持を最小にしています。
  3. 利用者には初回に、利用登録をしてもらいます。Active Directoryと連携しているので、個人名やメールアドレスは自動取得します。
  4. 利用者情報は教員や職員など、指定したグループユーザー以外は毎年アカウントがリセットされます。リセットされると、利用者は初回登録が必要ですが、遅延回数もリセットされ、個人情報の変更なども再登録によって更新され、個人情報管理の手間を省き、個人情報へのアクセスも最小にすることができます。
  5. 利用者情報は、利用者自身が登録するので、卒業・入学や進級によるユーザー管理が不要となります。

利用者ページ

  1. 利用者は各自のページ持ちます。利用者ページには、お知らせ窓口カレンダーを表示します。
  2. 機器予約が行えます。
  3. 貸出状況を確認できます。
  4. 多言語に対応、利用者が言語を選択することで次回ログイン時には選択した言語で画面が表示されます。
  5. 予約番号をQRコード(リンク)発行できます。このリンクを転送することで、窓口でこのQRコードの提示だけで代理の借受けが可能です。
  6. 貸出と返却および延滞をメールでお知らせします。メールアドレスはActive Directoryから取得します。利用者が利用者ページで再設定することも可能です。(今後SMSやLINEなどへの通知も対応計画中です)

予約

  1. 予約時利用者は、機器と借受場所および借受と返却の時間機器を設定して予約します。
  2. readers
  3. 授業などの補助情報を入力してもらうことで、貸出の分析が行えます。
  4. 機種イメージ(写真)から簡単に機器を選択できます。
  5. rental device list
  6. 授業用に複数台の一括貸出に対応しています。
  7. 毎週行われる授業予約を1回の予約で行える、定期予約に対応しています。
    *定期予約は、窓口で予約する必要があります。
  8. 多重予約に対応し、同時に2つまでの異なる予約が可能です。

貸出

  1. 予約者から転送されたQRコードを提示することで代理の借受が可能です。
  2. 学生ICカードまたは、QRコードをスキャンすると、貸出予定機種が写真付き表示され、簡単に識別できます。
  3. 機器の貸出状況が一覧表示されているので、機器を選んでQRコードをスキャンするだけで、貸出リストに登録され、すべての機器をスキャンし、「貸出実行」でクリックするだけで、貸出完了します。
  4. rental
  5. 窓口での予約無し貸出にも対応します。
  6. ACアダプタなどの付属品をセット化でき、親機器の貸し出しで付属品も貸出となります。
  7. 利用者グループごとに貸出できる機種を設定できます。例えば、学生はPCのみなど。
  8. 機種にしきい値を設定することで100%の予約を防ぎ、緊急の貸出に対応できます。
  9. 利用者は有効期限(毎年リセット)や貸出回数と延滞回数による予約停止が可能です。
  10. 機種ごとに返却後自動的に予約を停止し、メンテナンス期間を設けることが可能です。

返却

  1. 返却時は、ICカードをスキャンするか、直接機器のQRコードをスキャンするだけで、貸出る機器の一覧が表示さ、順にQRコードをスキャンするだけで返却完了です。
  2. 返却場所が異なった場合は、警告が表示されます。
  3. 一部返却に対応し、手動貸出を併用することで、機器の不良交換にも対応できます。
  4. セット品は、親機器をスキャンするだけでセット品の返却が完了します。

管理機能

  1. 機器管理
  2. 窓口ごとの登録機器の一覧とその詳細を参照することができます。

    機種の登録(名称/イメージ/貸出率/貸出区分)が行えます。

    機種ごとに個々の機器の登録、編集、削除が行えます。

    機器の状態(修理中など)の変更ができます。

    機器リストのインポート/エクスポートが行えます。

    ラベルプリンタを使って機器のQRコードの印刷が行えます。

  3. 利用者管理
  4. 登録利用者の情報表示と変更と削除ができます。

  5. 予約管理
  6. 予約の一覧の確認と変更/キャンセルが行えます。手動で単独予約と定期予約が行えます。

  7. システム管理
  8. 貸出者の登録、変更、削除が行えます。

    貸出者はActive Directoryで認証され、担当貸出窓口と権限が設定できます。一般権限では、貸出/返却/予約以外の、個人情報等にはアクセスできないのでセキュリティが確保できます。操作ログも残りますので、後での確認も行えます。

    利用者情報の有効期限の設定が行えます。自動に設定することで、毎年同じ日付に利用者情報がリセットされます。メール通知のタイミングや休日情報のインポートと予約や貸出等の履歴表示とエクスポートが行えます。

    利用者の利用を一時的に停止する、システムメンテナンスモードをサポートしています。

  9. 詳細
  10. 各種の初期値の登録が行えます。

Phantosys連携

  1. Phantosys と連携することでPCの充電状況(直前の電源オフ時)が表示でき充電量の多いPCを優先して貸出ことができます。
  2. Phantosysの稼働状況表示機能と併用することで、起動状態、ログオンユーザー、WIFI状況などPCの稼働状況を把握することができます
  3. pc status

仕様

型番

管理機器数~5051~100101~300301~500501~備考
型番JPMLS01-05JPMLS01-10JPMLS01-30JPMLS01-50JPMLS01-51保守契約必須

動作環境

機器項目仕様
サーバーOSWindows server 2019 または CentOS7相当
CPU4コア(Intel® Corei5 2GHz以上)
メモリ4GB以上
窓口PCOSWindows10
CPU4コア(Intel® Corei5 2GHz以上)
メモリ4GB以上
ブラウザChrome、Edge、Firefox
周辺機器非接触ICカードリーダー(SONY RC-S380)
バーコードリーダー(UNITECH MS852)
ラベルプリンタ(KING JIM テプラ等)
※周辺機器は価格には含まれません。
利用者デバイスブラウザChrome、Safari、Edge、Firefox